深夜3時~朝9時の間にシャンプーすると将来、薄毛になる!?(2019.07.25)

朝シャンプーが薄毛を招く?

朝シャンプー抜け毛薄毛AGA

毎日残業三昧で、帰宅はいつも終電ギリギリ。家に着いたらクタクタで、風呂に入る気力はなく、泥のように眠るだけ……。で、翌朝急いでシャワーを浴びて、また出勤。

そんな朝シャンプーが日常になっている読者諸兄も多いのでは? だが、それでは将来、薄毛になってしまう危険性大なのだ!

なぜ朝シャンプーが薄毛を招くのか?

一昔前の理論では、忙しい朝だから、すすぎが不十分になり、シャンプー剤やトリートメント剤が頭皮に残留してしまうため、といわれていた。

しかし、朝、どんなに丁寧にすすいでも、頭皮の毛穴にシャンプー剤やトリートメント剤は残留してしまうという。

そう教えてくれたのは、国際毛髪皮膚科学研究所の方。

髪が伸びる時間帯にシャンプーしないほうがいい理由

髪が伸びる時間は、夜中の3時くらいから、朝の9時頃まで。髪がググッと伸びるとき、頭皮の毛穴は少し広がるのだ。

この時間帯に洗髪すると、どんなにすすいでも、毛穴の奥深くに洗浄成分が入り込んでしまう。

目詰まりした毛穴から生える髪は細く弱くなり、抜け毛の原因に。だから朝シャンプーは、たまにならいいが、日常的に行わないほうがいいといえよう。

疲れていても、気力を振り絞って、就寝前にシャンプーしてほしいのだ。

でも、熱帯夜が増えた昨今、就寝前にシャンプーしても、朝には頭皮がベタつく人もいるだろう。

「起床後も洗髪し、サッパリさせたい!」と美意識の高い男性は思うはず。そんなときは、シャンプーを使わず、シャワーで2分ほどすすぐだけにしてみて。

それだけでも、頭皮のベタつきは、かなり解消するから。

自分の抜け毛が、正常範囲内かどうかわかる簡単チェック法

1日の抜け毛は、100本ほどだといわれている。ヘアサイクルによっては、もっと多い時期もあるだろう。

現在の抜け毛が正常範囲内なのか、不安になることもあるだろう。だが、1日に抜け落ちた髪を、すべて拾い集めることは不可能。

そこで、頭髪専門外来のドクターに訊いてきた、簡単抜け毛チェック法をお伝えしよう!

洗髪中に一瞬、手のひらを見てみよう。その時、手のひらに10本以上髪の毛がついていたら、注意信号なんだとか。もちろん。毎日洗髪している状態で、だ。

長髪の人が抜け毛をチェックするとき、手グシのようにとかしながら、髪を引っ張らないように。そのテンションで、無理に抜けてしまうこともあるから。

AGAという男性型脱毛症のことは、昨今よく知られている。それに加え、シャンプーの時間帯を意識して生活することでも、将来の薄毛を防ぐ手立てになるはずだ。

朝シャンプー抜け毛薄毛AGA

 

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

 

朝シャンプー抜け毛薄毛AGA 
雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会、セミナーを頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます