夏のオトコのテカリ肌はクレンジングで撃退!(2019.07.31)

エヌエスドアーズクレンジングミルクセラム

日本の夏はかなり暑い……正確に言うと、かなり蒸し暑い。

外出する仕事が少なくない男性は、もはや亜熱帯と化した街で、しこたま汗をかく……。正確に言うと、汗と皮脂を出しまくる。そんな過酷な外出から、過剰なまでに心地よさを追求したオフィスに帰り、涼しさの中、ようやく一息つくわけだが、これによって、顔にはある変化が起きる。

乾燥と冷却で、肌表面の水分のみが失われ、アブラと汚れがべったりと張り付いた状態、世に言う、イケてない男子の象徴「テカリ肌」が出来上がるのだ。

表現が適切かわからないが、女性でいうところの「組成が油脂成分である化粧の上に、一日分の汚れがオンした状態に似ているの?」。

そうだとすれば、夏のテカリ肌には、化粧を落とすために作られたクレンジングが有効なのではないだろうかという仮説が立てられる。男にもクレンジングが必要という意見もあるため、早速、クレンジングを試すことにした。

今回使用したのは、エヌエスドアーズの『クレンジングミルク』。単純にクレンジングといっても、いろいろな製品があるが、女子のがっつりメイクを落とすわけではないので、比較的洗浄力が優しいと言われるミルクタイプのクレンジングをチョイス。

特に、エヌエスドアーズの『クレンジングミルク』は、成分のうち、約93.5%が美容成分という製品で、美容乳液でクレンジングするみたいに、とことん肌に優しいクレンジングが可能だ。

エヌエスドアーズクレンジングミルクセラム
エヌエスドアーズ 『クレンジングミルク』150ml、1万3175円(WEB限定価格。税込み)。
肌の汚れや古い角質を優しく、しっかりと落としながら、ヒト由来幹細胞培養液や約93.5%も配合されている美容成分が健やかな肌に整える。

実際に使ってみる

オトコの場合、洗顔と同じイメージで、最初に顔を湿らせてしまいがちだが、クレンジング時に、基本的に水は不要だ。

エヌエスドアーズクレンジングミルクセラム
クレンジングを手に3~4プッシュ。

『クレンジングミルク』を手に取り、アブラにまみれた肌になじませるようにして、顔全体に広げていき、乳化を促す。手のすべりが徐々によくなってくるのが、乳化して、汚れを取り込んでいる証拠。

さらに続けて、逆にすべりが悪くなってきたら、洗い流すサインだ。自分は、皮脂の溜まりやすい耳の後ろや首(デコルテ)まで、やや広めにクレンジングを試してみた。

その後、ぬるま湯で洗い流す。洗い流した後のイメージは、普段、洗顔料で洗った後でも、取り切れないと感じている脂分が、ほぼ完全に除去できた。特に、耳の後ろや首元など、これまで感じたことのないすっきり感を味わえ、ほとんど、つっぱり感もない。

このあたりは、脂分(化粧成分)を取り除くための製品と、汚れを落とすことを主目的にした洗顔料との違いだろうか。例えば、同じ洗顔料でも、ニキビ予防を謳う製品は、脂分の除去にも重点が置かれているので、それなりのつっぱり感を伴うものもある。もちろん、本製品だからこそ、この優しい仕上がりだったのかもしれない。

何はともあれ、アブラ汚れ除去力と優しい仕上がりが実現したので、洗顔料による二度洗いも不要と感じた。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます