• TOP
  • ファッション
  • デビューは1997年!走り心地を追求したランニングシューズに23代目が登場

デビューは1997年!走り心地を追求したランニングシューズに23代目が登場(2019.08.23)

ミズノWAVE RIDER 23ミズノウエーブ

ミズノは、スムーズな走り心地が特徴のランニングシューズ「WAVE RIDER 23(ウエーブライダートゥエンティスリー)」をミズノオンラインショップ、全国の取扱店で9月20日に発売する。

「WAVE RIDER」シリーズは、ランニング初級者はもちろん、フルマラソンを走るランナーでも使用できるランニングシューズだ。

1997年のデビュー以来“スムーズな走り心地”をコンセプトに進化を続け、グローバルでの累計販売数1000万足を超える同社のランニングシューズで最も人気のあるシリーズとなっている。

今回発売する「WAVE RIDER 23」は、アッパーに軽量で通気孔を効果的に配置したメッシュを使用することで、通気性と足を包み込むようなフィット感を実現。同社では「よりスムーズで快適な走り心地を追求しました」とコメントしている。

商品特徴

1)『ミズノウエーブ』で走り心地の良さを追求

1997年に発売した初代「WAVE RIDER」から、ソール部に独自の波形プレート『ミズノウエーブ』を挿入した。

これにより縦方向の衝撃を吸収し、横方向のズレには安定性を発揮することで、シューズに求められるクッション性と安定性を両立させている。

また搭載している『ミズノウエーブ』には「WAVE RIDER 20」から中央部を凹ませた形状を採用。これにより接地時の柔らかさや前方向へのスムーズな体重移動を実現したという。

2)アッパーをリニューアル

ミズノWAVE RIDER 23ミズノウエーブ

アッパー部には、高いフィット感とサポート力を実現するために足の形状に合わせて編み方を変えたメッシュ材『エンジニアードメッシュ』を採用した。

今回、従来までの二重構造を一層構造にしたことでより通気性がよく、足の甲へのフィット感も向上している。また、併せてパーツを減らしよりシームレスにしたことで、シャープですっきりしたデザインに。

3)スムーズでより滑らかな走り心地

ミズノWAVE RIDER 23ミズノウエーブ

通常のシューズと比べ、フレックスグルーブ(屈曲溝) の数を増やすことで屈曲性が向上。着地から蹴り出しまでの体重移動がスムーズでより滑らかな走り心地を実現した。

4)着地時のやわらかさと衝撃吸収性が向上 

ミズノWAVE RIDER 23ミズノウエーブ

ミッドソール(アウトソールとインソールの間)との踵部に大小異なるパーフ(穴)を配置している。ランニングの着地時に、パーフ部がつぶれることで足への衝撃吸収性が向上し、よりやわらかい“走り心地の良さ”を追求した。

商品概要

価 格:¥12,900+税(税込価格:¥13,932)
    ※「WAVE RIDER GTX」は ¥15,900+税(税込:¥17,172)
    ※「WAVE RIDER WAVEKNIT3」は ¥14,900+税(税込:¥16,092)
素 材:甲材/合成繊維・人工皮革、底材/合成底
原産国:ベトナム

関連情報
https://www.mizuno.jp/running/waverider/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます