〝ストレス・遺伝・加齢〟が薄毛の3大要因と考えられていた?!(2019.08.24)

発毛剤ラボ薄毛の原因

Orchestra Holdingsの子会社で「発毛剤ラボ」を運営するデジタルアイデンティティは、薄毛を気にする20代~40代の男性400人に対して薄毛の原因や、行なっているケア法などの調査を実施。「薄毛の原因、思い当たるのはズバリ何?」をテーマにインフォグラフィックを制作・公開した。

薄毛の原因、思い当たるのはズバリ何?

発毛剤ラボ薄毛の原因

薄毛の原因として、思い当たることは何かを聞いたところ、原因だと思うトップ3は「ストレス」(70.0%)・「遺伝」(56.5%)・「加齢・老化」(38.5%)という結果に。

仕事でも家庭でも責任感が問われる世代だけに、薄毛につながったと思うほどのストレスを感じて毎日頑張って過ごしているのだろうか。

また、頭皮に負担がかかりそうなイメージのある、カラーリング、金髪、パーマなどの「ヘアアレンジ」が原因だと思っている人は、意外と少なく、全体の1割程度にとどまった。外的な要因よりも内的要因が大きいと考えているようだ。

薄毛が気になり出したのは?きっかけは?

発毛剤ラボ薄毛の原因

今回の調査では、その平均年齢は27.4歳。意外と早い段階で薄毛を自覚しているようだ。さらに、全体の約50%の人が25歳~30歳くらいで気になり始めたこともあわせて判明。では、そのきっかけはどんなものだったのか。

「鏡を見て」なんとなく毛髪量の変化に気づく人は、全体の半数以上の55.8%。人から指摘されて気づく人は全体の2割弱なので、8割以上の人が自分で薄毛に気づいているようだ。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます