• TOP
  • スキンケア
  • 男前な〝極めた洗顔料〟を女性向けブランドで発見

男前な〝極めた洗顔料〟を女性向けブランドで発見(2019.08.25)

夏の洗顔は、やはり刺激的にスカッとキメたい!

時代が令和になったにもかかわらず、いかにも昭和っぽいキャッチコピーのようになってしまったが、温暖化の影響で、夏が暑くなればなるほど、洗顔時には、時代遅れ感満載の、刺激成分がほどよく効いたさっぱり感が恋しくなる。

とはいえ、過去記事で、メントールやアルコールなどの刺激成分について懐疑的な立場を表明している手前、単に「刺激」ありきな製品を使うわけにはいかない。

と、言いながらも、なかなかフィットする製品が見つからない…そんなもやもやした時に出会ったのが、ヴェレダからリリースされた洗顔フォーム『クレンジングフォーム(Gentle Cleansing Foam)』。……そう、まさかのメンズラインではない製品だ。

ヴェレダオーガニックメントール洗顔フォーム
『ヴェレダ クレンジングフォーム』150ml、3000円(税別)

ヴェレダといえば、ご存知の通り、オーガニック、自然派のパイオニア的なブランドで、おおよそ「刺激」からは遠い存在のように思っていたが、そんなブランドコンセプトのヴェレダだからこそ、洗い上がりの爽快感と、肌にやさしい心地よさ、この奇跡のバランスが実現できたのだろう。

爽快感を演出するのは、やはり、メントール。

成分表示のルールとして、多い順に表記されているのだが、メントールは2番目。もはや主成分といってもいいくらいの立ち位置だ。

さらに、洗い上がりのすっきり感を演出するのがハマメリス。
これは収れん化粧水、いわゆるアストリンゼントに使われる成分で、洗顔後に肌をキュッと引き締めてくれる。

もちろん今回も実際に使ってみた

泡はきめ細かくやわらかなテクスチャー。これが、肌に乗せた瞬間、炭酸系かと思うほどのシュワシュワした刺激と独特の香りが顔全体に広がる。

ヴェレダオーガニックメントール洗顔フォーム
プッシュすると軽い泡が出てきて、すぐに使える

洗浄成分はアミノ酸系のココイルグルタミン酸2Na。弱酸性で、いわゆるやさしい洗い上がりが特長といわれる製品によく使われているものだが、洗い流したあとは、ゆるやかな汚れ落ちというより、脂残り感もなく、すっきり、さっぱり、引き締まったという印象だ。にもかかわらずつっぱり感は感じられない。脂性の人や、ニキビに悩む若人に対して、最適解を提供してくれる洗顔フォームかもしれない。

「刺激的な佇まい、なのにとてもやさしい…。モテる男はこうありたい」を、地で行くような男前を極めた洗顔料。メンズラインの製品ではないというあたりは、さしずめ宝塚歌劇団の男役トップスターといったところか。

もし、洗顔に刺激と心地よさの両方を求めるなら、一度、試してみてはいかがだろう。

取材・文/TOSHI.ヒロシ

商品情報/ヴェレダ・ジャパン 
TEL:0120-070601
https://www.weleda.jp/

 

その他の情報はこちら!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます