• TOP
  • スキンケア
  • 加齢により増えるシミを短期間で抑え込むコツとは?

加齢により増えるシミを短期間で抑え込むコツとは?(2019.08.27)

日頃は美白コスメを使わない男性でも美白すべき3日間がある!

シミメラノサイト美白シートマスク

シミの出現を抑え、できてしまったシミの色素を還元して薄くするのが美白コスメ。効果を出すには、デイリースキンケアに組み込み、根気よく使い続けることが大切だ。

だが、女性と違い、そもそも美白を日常のスキンケアと考えていない男性がほとんどだろう。

しかし、そんな男性でも、美白コスメを使うべき3日間というのがある。それがいつなのか、化粧品開発にも携わる応用生物学部の教授に伺ってきたので、お伝えしよう。

教授「紫外線などの影響で、メラノサイト(色素細胞)は活性化し、メラニンを産生します。通常は新陳代謝によって、垢(あか)となり排出されるメラニン。

しかし、加齢に伴い新陳代謝の働きが鈍ると、メラニンの生成量が排出量を上回ることで角層(かくそう=皮膚のいちばん上にある角質細胞の層)に留まり、シミになるのです。

また、メラニンを抑制しようとする美白剤の作用は、効くまで時間がかかる場合もあります」

それではここで、皮膚が日焼けするプロセスを解説しよう。

紫外線を浴びると
(1)すぐに黒くなる(即時黒化)
(2)即時黒化が消えて赤くなる(炎症が起こる)
(3)3日後くらいから肌が黒くなる
(4)1週間後に完全に黒くなる
というプロセスを経て日焼けするのだ。

教授「(3)のように肌が黒くなるまでの3日間に集中して美白剤を使うと、何もしないよりシミができにくくなるのです。

美白剤の多くには抗酸化作用があり、今からメラニンができる! というときに使うのが、いちばん効果を発揮します」

この3日間、男性にオススメな製品は、美白シートマスク。1枚に美容液1本分(製品によって差はある)と謳われることが多いシートマスクは、それだけ濃縮された成分が含まれている。集中美白するには打ってつけだ。

美白コスメを使っているとシミが濃くなる!?

美意識の高いMen’s Beauty読者諸兄の中には、デイリースキンケアに美白を取り入れている人もいらっしゃる。

そんな方から「美白コスメを使っていると、逆にシミが濃くなったように感じる。使い続けてもいいのだろうか?」という質問をいただいた。

その理由についても、応用生物学の教授に伺ってきたので、解説しよう。

教授「美白剤を使用して、逆にシミが濃くなったと感じる方は、実はとても多いのです。

シミの部分はメラノサイトが活性化し、メラニンをつくる力が強い。しかし、周りの皮膚のメラノサイトの活性は低い。

美白剤は、まずメラニン生成の活性が低いところから効いてくる傾向にあります。すると、周りに透明感が出た分、逆にシミ部位が濃くなったように感じられるのです。

そう感じる方は、美白剤を使用した中で6~7割もいらっしゃる。使い始めて1週間から1ヵ月の間に感じる方が顕著ですね」

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます