• TOP
  • ファッション
  • テニススタイルにストリートテイストを加えたラコステの新作スニーカー

テニススタイルにストリートテイストを加えたラコステの新作スニーカー(2019.09.01)

ラコステCOURT SLAM

フランスのプレミアムカジュアルブランド、LACOSTEからストリートに映える新作スニーカー 「COURT SLAM」と「PARTNER RETRO」が登場した。

どちらもアーカイブのモデルをアレンジしたデザインで、テニスチャンピオン、発明家として知られるブランド創業者ルネ・ラコステのDNAを受け継ぐライフスタイルスニーカーとなっている。

テニスのスタイルとストリートファッションを融合させたスニーカー「 COURT SLAM」は、アーカイブのテニスシューズをベースに、分厚いチャンキーソールやプラスチックパーツなど、80年代後半から90年代にかけて急激に進化を遂げたハイテクスニーカーの技術を加え、ストリートスタイルにアレンジした1足だ。

ラコステCOURT SLAM

型押しのネームロゴが存在感を放つアッパーはテニスラケットのグリップからヒントを得たデザインになっており、カジュアルでスポーティーな雰囲気を醸し出す。

厚底のチャンキーソールは、柔軟性と弾力性に優れたEVA素材、アウトソールにはラバー素材を使用することで、着用時の安定性と履き心地を向上させた。

このように「COURT SLAM」は新しいアイディアでチャンキーソールとテニスシューズを融合させ、ラコステ本来のエレガンスな風合いそのままに、ストリート色を強めたモデルといえるだろう。

「PARTNER RETRO」は、1970年代のコレクションから取り出したデザインに、ビンテージの風合いを加えた1足。

すっきりした細身のシルエット・反り上がったつま先の形状、ナイロン×スウェードのアッパーなど、ストリートシーンで人気のレトロランニングの要素を詰め込んでいる。

ラコステCOURT SLAM

サイドにはワニのロゴと2本のストライプがデザインされ、テニスコートのラインを表現。

さらに、アウトソールにはサメの歯のような深い刻み目が特長のシャークソールを採用することでビンテージルックスのみならずグリップ性能も高めた。シューレースホールに付いているDリングもビンテージ感を演出している。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます