• TOP
  • モテ講座
  • 男性はテニス、女性はバスケ!6人に1人がスポーツ観戦で出会いを経験

男性はテニス、女性はバスケ!6人に1人がスポーツ観戦で出会いを経験(2019.09.03)

パートナーエージェントスポーツと恋愛

東京2020オリンピック・パラリンピックの開催まであと1年を切った。直近では、オリンピックチケット1次抽選で漏れてしまった人のためのセカンドチャンスも行なわれ、テレビやネットでも話題となった。

では、実際にはどのくらいの人がオリンピック観戦に興味を持っているのだろうか。婚活支援サービスを展開するパートナーエージェントは、 20~69歳の男女2,300人に対して、「スポーツと恋愛」に関するアンケート調査を実施した。

東京2020オリンピックを観戦したい人は28.4%

Q. 東京2020オリンピックの観戦に行きたいですか?(n=2,300)※必須回答

東京2020オリンピックを観戦したいかどうか、20~60代の男女2,300人に聞いた。

「既にチケットを入手している」人は3.0%であった。1次抽選が終了した段階だが、チケットを手に入れることができた人はまだまだ少ないよう。

チケットは入手できていないけれど、オリンピック観戦に行ってみたいと思っている人は25.4%。すでに入手した人と合わせて「観戦に行きたい」人は全体の28.4%であった。

「テレビやネットなどで観戦したい」と考えている人は41.0%、「オリンピックに興味がない」と答えた人は28.5%という結果に。

パートナーエージェントスポーツと恋愛

世代別に集計してみると、「観戦に行きたい」人は20代が最も多く34.4%。また「観戦に行きたい」人と「テレビやネットなどで観戦」したいと答えた割合は、年代が上がるにつれ上昇する結果となった。年代が上がるにつれて、オリンピックへの関心も高まっているようだ。

パートナーエージェントスポーツと恋愛

地域別では、現地でオリンピックを観戦したいと答えた人は「関東地方」が最も多く36.0%。会場に近いほど、現場観戦への意欲も高くなっていた。

パートナーエージェントスポーツと恋愛

観戦チケット「1次抽選で購入した」13.0%。4人に1人が「セカンドチャンス」狙い

Q.チケットはどうやって購入しますか?(n=653)※必須回答・複数回答可

オリンピック観戦に行きたいと答えた653人に、どうやってチケットを入手するのか聞いてみた。

「1次抽選で購入した」のは13.0%。8月に行われた1次抽選に漏れてしまった人向けの「セカンドチャンス」抽選は24.5%、さらに今秋を予定している「2次抽選」がほぼ同率の24.2%。直前販売よりも、事前の抽選で手に入れたいと考えている人が多いようだ。

パートナーエージェントスポーツと恋愛

「陸上競技」(46.3%)、「水泳」(36.2%)、「体操」(33.8%)が人気

Q.どの競技を観戦したいですか?(n=1,595)※必須回答・複数回答可

オリンピックではどの競技が人気なのだろうか。観戦したいと思っている競技を答えてもらった。

結果は「陸上競技」が46.3%でトップ。さらに「水泳」(36.2%)、「体操」(33.8%)と、どれもメダルが期待されている競技が続く。「サッカー」(29.7%)や「野球・ソフトボール」(29.3%)など、普段から観戦することが多い種目も上位に並んだ。

パートナーエージェントスポーツと恋愛

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます