スポーツに期待する三大効果は「ストレス発散」「基礎代謝向上」と「◯◯解消」(2019.09.06)

スポーツや運動をする場所は「屋外」「自宅」「スポーツ施設」

日常的にスポーツや運動をする人へ、スポーツや運動をする際に1番多い場所を尋ねた。

最多は、「公道、公園、山などの屋外」35%が最多、僅差で「自宅」33%で、いずれも3割強。日常的なスポーツ・運動は、屋外、自宅、公営施設といった、比較的お金がかからない場所で行っている人が多いようだ。

また、「公営のスポーツ施設」は15%、「私営のスポーツ施設」は14%で、合計すると“スポーツ施設”もおよそ3割と、「屋外」「自宅」「スポーツ施設」に三分していることがわかる。

sub5

スポーツ関連消費、半数が「お金はかけない」

スポーツや運動にはどのくらいのお金をかけているのだろうか。レッスン、ウェア・シューズ、ケア用品、スポーツジム・プール等の施設利用など、スポーツや運動に関連した“すべての費用”について、過去半年間にかかった合計を尋ねた。

すると、およそ半数にあたる47%が「お金はかけていない」と回答。お金がかかった人では「5,000円未満」20%、そして「20,000円以上」15%が多く、お金をかける人と(あまり)かけない人の間には大きな金額差があるようだ。

ここで、スポーツや運動にかける金額と、“スポーツや運動をしている場所”と関係性について探った。屋外派・自宅派は両者とも似たような回答傾向を示しており、6〜7割がお金を一切かけていない。

また、公営施設の利用者は、「5,000円未満」36%がボリュームゾーンで、比較的安価な利用料で施設を利用できることも背景の1つにありそう。

一方、私営施設の利用者は、施設利用料やレッスン料などが発生することもあり、半年間で「20,000円以上」が半数を占める。スポーツ関連消費には服飾品やスポーツ用品など他にもかかるお金があるが、施設の利用費が消費金額の大部分を占めていると言えそうだ。

sub6

憧れの体型の有名人ランキング。男性は「C・ロナウド」女性は「菜々緒」

最後に、『憧れの体型の有名人ランキング』を紹介しよう。自由回答で、男女1人ずつ挙げてもらった。

“男性が選ぶ男性有名人”として圧倒的に多かったのは、サッカーの「クリスティアーノ・ロナウド」選手。次いで大リーグの「イチロー」選手、タレントの「武井壮」さんで、スポーツ選手やアスリートに多くの票が集まった。

“女性が選ぶ男性有名人”では、俳優の「竹内涼真」さんがダントツの1位、2位は「山下智久」さん、3位「斎藤工」さんで、タレントや俳優が上位を占めた。同じ男性有名人でも、男女で回答結果が大きく異なった。

“女性有名人”はどうだろう。こちらは男女とも上位3名は同じで、タレントの「菜々緒」さん、「ローラ」さん、「中村アン」さんに票が集まっている。

“男性が選ぶ女性有名人”は1位「菜々緒」さん、2位「ローラ」さん、3位「中村アン」さん、“女性が選ぶ女性有名人”は1位「菜々緒」さん、2位「中村アン」さん、3位「ローラ」さんの順でした。特に女性の回答では、上位3名だけで120票超を獲得し、“憧れ度”が高いことがわかる。

●男性が憧れる「男性有名人」 上位3位
1位 クリスティアーノ・ロナウド 38票
2位 イチロー          28票
3位 武井壮           18票

●男性が憧れる「女性有名人」 上位3位
1位 菜々緒           25票
2位 ローラ           21票
3位 中村アン          14票

●女性が憧れる「男性有名人」 上位3位
1位 竹内涼真          41票
2位 山下智久          15票
3位 斎藤工           12票

●女性が憧れる「女性有名人」 上位3位
1位 菜々緒           52票
2位 中村アン          38票
3位 ローラ           32票

【調査概要】
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20~49歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法:平成27年国勢調査の人口動態に基づき、性別×年代で割付/合計1,000サンプル
調査期間:2018年7月25日(水)~2018年7月26日(木)

※本文の数値は四捨五入した整数で表記している。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合がある。

【関連情報】
https://honote.macromill.com/

その他の情報はこちら!

 

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます