9月は顔にある約20万個もの毛穴が一斉に広がる!?(2019.09.07)

9月に広がった毛穴は肌に無数の暗い影をつくる

毛穴広がり不飽和脂肪酸新陳代謝

人間の顔には約20万個前後の毛穴がある。大手化粧品メーカー調べによると、毛穴の大きさは1年のうちでわずかに変化するらしい。

2月と9月に同じ人の同じ毛穴を測定したところ、9月では毛穴まわりのくぼみが約10%広がっていたというデータが。また鼻では、夏の皮脂量は冬より2.5倍も上がるという。

毛穴が広がった分だけ、くぼみに影ができるわけだから、日焼けせずとも、肌はどんよりくすみがち。それを防ぐには、うるおいで毛穴を目立たなくし、顔全体を明るくしていこう!

毛穴が大きくなって目立つのは毛穴荒れが原因

脂性肌だけでなく、乾燥肌だって毛穴が目立つ人もいる。その原因を、大手化粧品メーカーの研究員はこう解説する。

研究員「それは、毛穴の中にある不飽和脂肪酸が原因なのです。毛穴まわりは皮脂の出口になるので、不飽和脂肪酸に晒されやすい部分。

乾燥で皮膚のバリア機能が低下すると、不飽和脂肪酸が毛穴まわりに悪影響を及ぼしてしまうのです。

すると、未熟な細胞が次々に生まれ、その結果、毛穴まわりの皮膚が盛り上がり、すり鉢状になるという現象が。これが毛穴荒れによる毛穴開きなのです。

また、脂性肌は常に不飽和脂肪酸の影響を受けているので、同じくすり鉢状に。どんな肌質でも、良質なうるおいを与え、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を乱さないことが大切です」

では、どういったスキンケアをすると毛穴の広がりを防ぐことができるのか? そこのところ、化粧品開発にも携わる応用生物学部の教授に伺ってみた。

教授「ほとんどの男性は、化粧水をつけ、乾燥する部分に乳液をちょっとつけるだけで、スキンケアを済ませているようです。

ですが、乳液にはさほど油分が含まれていませんから、化粧水のうるおいは蒸散しがち。ニキビ肌でない限り、うるおいを保持するためにはクリームが必要です。

もし、スキンケア製品の中で、たったひとつだけ選ばなければいけないとしたら、私はクリームをおすすめします。クリームには油分だけでなく、うるおい成分も含まれていますから」

さらに、皮脂分泌について、研究員からこんな話も。

研究員「脂性肌の人に、酸化しにくい化粧品のきれいな油分を薄く塗ると、やや皮脂が出にくくなったという研究結果もあるのです」

まさに、脂を制するのは油だということか!

重症なニキビ肌でもニキビができない部位が2か所ある

また、皮膚科医からは、こんな指摘も。

皮膚科医「重症なニキビが顔中にできている人でも、2か所だけニキビができない部位があるのです。それは、目のまわりとほうれい線。この2か所は、極端に皮脂分泌が少ないので、ニキビができないのです」

ニキビに悩む人でも、目のまわりとほうれい線にだけは、クリームを塗ることをオススメする。それ以外は、化粧水と軽めの乳液で、水分補給はしっかりと!

 毛穴広がり不飽和脂肪酸新陳代謝

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

朝シャンプー抜け毛薄毛AGA 

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会、セミナーを頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます