今や5人に1人がやってる〝パラレルワーク〟って知ってる?(2019.09.09)

photo-1551434678-e076c223a692

インターネット接続サービスの「So-net(ソネット)」は、昨今の働き方改革の流れを受けて、全国の20 代~50 代の2,500 名を対象に「パラレルワークに関する実態調査」を実施。その回答状況を発表した。

パラレルワーク(複業)とは、本業が空いた時間を利用して行う「副業」と異なり、本業を複数持って、一つのビジネスに依存しない新しい働き方を指す。

パラレルワークをしているのは約5人に1 人。20 代女性が増加傾向

「あなたは現在、複業をしていますか?」という質問に対し、約5 人に1 人が「している」と回答。

その中でも20 代女性のパラレルワーカー人口の推移をみると、働き方改革関連法の公布(2018 年7 月)から複業を始めた人が約7割という結果になり、特に若い女性がこの新しい働き方に注目していることが判明した。

一方、専業ワーカーに対して、「複業をしてみたいと思いますか?」と質問したところ、約6割が「してみたい」という回答結果に。

また、「あなたの所属している会社(仕事)では複業が認められていますか?」と質問したところ、認めていない会社は約6 割であることが明らかになった。

So-netパラレルワーク

パラレルワーカーが重視していることは「好きなことができること」

「あなたが複業をしている理由は何ですか?」と質問したところ、「収入を増やすため」(77.8%※)、「好きなことをしていたいため」(32.2%※)順で多い結果になった。

「あなたが仕事をするにあたり重視していることは?」という質問に対しては、「自分の好きな業務内容を重視する」が1 位となり、「好きなことができる」という点にやりがいを感じているということが判明。

また、男女別でみたところ女性が「自分の好きな業務内容である」(69.5%※)と回答したのに比べ男性は59.0%※と10 ポイント以上の差が見受けられ、男女間で複業に対する考え方に違いがあることがわかった。
※:複数回答可

So-netパラレルワーク

「人気複業ランキング」発表!年収が高い人ほど、ある傾向が顕著に

「あなたが現在やっている複業は?」という質問に対しては、1 位「ライター・作家」(20.2%※)、2 位:「投資家(株式、不動産など)」(18.2%※)、3 位:「Web 制作」(11.2%※)という回答結果に。

その中でも、年収800 万以上の人においては、「Web 制作」が約50%※、「システムエンジニア」が約40%※と、年収が高い人ほどインターネットを利用した複業をしている傾向があった。

また、今後やってみたい複業について質問したところ、「デザイナー」、「イラストレーター」、「コンサルティング」などの専門性の高い職業や、「動画配信」、「インフルエンサー・ブロガー」などのインターネット関連の複業が多いことがわかった。
※:複数回答可

So-netパラレルワーク

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます