ビジネスパーソン15,000人大調査!仕事満足度ランキング2019(2019.09.10)

デューダ仕事満足度ランキング2019

パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、20歳~59歳のビジネスパーソン15,000人を対象に、仕事に対する満足度調査を実施。その回答状況とデータ分析結果を公開した。

総合満足度1位は「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」

デューダ仕事満足度ランキング2019

仕事満足度ランキングの各指標の平均点は、『総合』が64.7点(昨年62.2点)、『仕事内容』が69.2点(同64.2点)、『給与・待遇』が62.6点(同56.5点)、『労働時間』が73.6点(同66.5点)、『職場環境』が66.9点(同60.3点)となり、すべての指標で昨年を上回る結果に。

5つの指標の中では『労働時間』に対する満足度が最も高く、昨年に比べて7.1点アップし、「働き方改革」がより浸透してきたというコメントが多く集まった。

全118職種の中で『総合』満足度が最も高かった職種は、1位が「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」(73.5点)、2位が「MR(営業)」(72.8点)、3位が「英文事務(事務/アシスタント)」(72.3点)。

1位の「内装設計・インテリア(建築/土木系エンジニア)」は、『職場環境』以外の4つの指標で満足度が平均70点を超えた。特に『仕事内容』に対する満足度が高く、仕事そのものを楽しんでいるコメントが多く見られる。

2位の「MR(営業)」は、昨年1位、一昨年2位と、高い満足度を維持していた。すべての指標で70点を超える高い満足度であり、中でも『給与・待遇』と『労働時間』が満足度を高める要因と考えられる。

3位の「英文事務(事務/アシスタント)」は『総合』、『仕事内容』、『労働時間』、『職場環境』の4つの指標で満足度が高く、特に『職場環境』の満足度が全118職種の中で2番目という結果であった。

昨年は企画・管理系の職種が上位10職種のうち5つを占めていたが、今年は技術系の職種が上位10職種のうち、5つを占める結果に。

この5つの職種では、特に『労働時間』の満足度が高く、自身の裁量で業務時間を調整できるため満足していることが、コメントにも表れていた。

『総合』の満足度が高い職種は『給与・待遇』も満足。「働き方改革」が進んでいる一方、課題も

doda編集長 大浦 征也氏

今回15,000人の回答から、仕事満足度『総合』が高い職種は、『給与・待遇』の満足度も高いことが分かりました。自身の仕事や評価にあった給与が払われていると感じると、仕事への満足度が高くなると考えられます。

また、昨年同様、5つの指標の中で『労働時間』に対する満足度の平均点が73.6点と、最も高い結果になりました。

フレックスタイム・有給休暇取得促進・在宅勤務・ノー残業デーなど、「会社側が率先して残業の削減や働きやすさを推進してくれた」とのコメントが多数見られました。

一方で、「休みが増えた分、1日の仕事量が増えた」「残業がNGになり、終わらない仕事は持ち帰っている」「有給休暇の義務化で、夏季休暇と年末年始休暇は有休消化になった」など、制度として機能していないというコメントも見られました。

「働き方改革」を促進するために、企業は「業務の自動化」や「ワークシェアリング」を行うことも求められているようです。

調査概要
調査対象 :20歳~59歳のホワイトカラー系職種の男女
雇用形態 :正社員
調査方法 :ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
実施期間 :2019年7月
有効回答数:15,000件
回答方法 :現在就いている職種に対する満足度を『総合』『仕事内容』『給与・待遇』『労働時間(残業・休日など)』『職場環境(社風・周囲の社員など)』の5つの指標別に、100点満点中何点か回答

関連情報
https://doda.jp/guide/manzokudo/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます