仕事を追求するのは30代まで。40代男性が描く〝理想の自分像〟とは(2019.09.18)

ビジネスカジュアルに対する寛容度が上昇

「許せない他人のビジネスの場での身だしなみ」について、前々回(2016年)の調査結果と比べ、「スーツにスニーカーを合わせる 31.6%→13.6%」「くるぶしの見えるソックスを履く 28.2%→13.1%」「ヒゲをはやす17.0%→11.2%」「香水をつける10.2%→5.8%」「スーツにリュックサックを合わせる 14.6%→8.7%」などの項目で数値が減少。40代男性が現代社会の価値観に合わせ、ビジネスカジュアルに対し、寛容度が高まっていることが判明した。

「自分磨きへの意識」が高まる

「自分自身の価値を高めるために、現在行っていること」について聞いたところ、「中身の自分磨き」項目では、前回から増加した項目が5 、減少が2、割合が変わらなかった項目が2という結果に。

「外見の自分磨き」項目では全ての項目で前回を上回り、いずれも4 0 代ミドル男性が 自分磨きへの意識を高めているということが分かった。

「外見の自分磨き」のなかでも、「ジムに行ったりランニングなどの運動をして、体力づくり・健康維持に努める」が、最も高い結果(22. 8%)となったり、「理想の体型を目指してダイエットをする」が、前回の7. 8%から15 .0%となるなど、身体磨きを実践している人が増加 していることがわかった。

無題5

 

関連情報
https://www.lucido.jp/

その他の情報はこちら!

 

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます