• TOP
  • ファッション
  • グランドセイコーから「ゴジラ」生誕65周年を記念した限定モデル

グランドセイコーから「ゴジラ」生誕65周年を記念した限定モデル(2019.10.07)

グランドセイコーゴジラ生誕65周年コラボモデル

セイコーウオッチは、国産腕時計を代表する<グランドセイコー>から、独自の駆動機構である「スプリングドライブ」の誕生20周年と、日本が誇る怪獣映画の金字塔「ゴジラ」の65周年を記念した、世界限定650本のコラボレーションモデルを2019年11月9日(土)より国内、海外で順次発売していく。希望小売価格は1,300,000円+税。

キング・オブ・モンスターの力強さと威厳を身に纏ったグランドセイコー

グランドセイコーゴジラ生誕65周年コラボモデル

1954年に第1作が公開されてから、世界中の映画ファンを魅了し続ける、日本が誇る怪獣映画の金字塔「ゴジラ」。セイコーとゴジラの間には、同作品内において、銀座に出現したゴジラが和光本館にそびえる時計塔を破壊した歴史がある。

同社では、「そうした過去の縁と全てのモンスターの王であるゴジラの力強さと威厳をいたるところに宿した、アニバーサリーにふさわしい特別なモデルに仕立てられています」と説明している。

怪獣王の代名詞「放射熱線」を思わせる深紅のダイヤル

グランドセイコーゴジラ生誕65周年コラボモデル

強烈なインパクトを放つ深紅のダイヤルには、ゴジラの口から放たれる、怪獣王の代名詞とも言える「放射熱線」をモチーフにした、力強い放射パターンが施されている。

鮮やかで印象的なダイヤルに見劣りしない立体的で大きな針やインデックスは、日中はもちろん、それぞれに塗布されたルミブライトによって夜間でも高い視認性を実現した。

ブランドの哲学に則り、高い実用性を追求している本作は、グランドセイコーだからこそ達成できる、スポーティデザインといえる。

ゴジラの力強さと共鳴する屈強なシルエットとストラップ

グランドセイコーゴジラ生誕65周年コラボモデル

圧倒的な迫力と威厳を体現するマッシブなケースは、ケース底面と腕の接地面を広く、かつケースの重心を下げることで、優れた装着性をもたらす。ザラツ研磨による歪みのない平面とヘアラインの仕上げを施されたかん足が屈強なシルエットを強調している。

また、ゴジラの肌の質感を表現するために採用されたシャークストラップには赤いコーティングが施され、赤黒く光るゴジラの皮膚の不気味な躍動感を感じさせる。

コラボレーションモデルにふさわしい特別仕様の裏ぶた

グランドセイコーゴジラ生誕65周年コラボモデル

コラボレーションモデルだけの特別仕様として、裏ぶたには1954年の第1作を彷彿とさせる、銀座の街を破壊するゴジラと和光本館の時計塔の姿が映し出されている。

この裏ぶたのデザインは、「シン・ゴジラ」で監督・特技監督を務めた樋口真嗣氏が、このコラボレーションモデルのためだけに、グランドセイコーのアイコンである「獅子」をオマージュして作り上げた完全オリジナルのゴジラだ。

搭載するムーブメントは、誕生20周年を迎えた独創の機構「スプリングドライブ」。本作では、平均月差±10秒を誇る特別精度のキャリバー「9R15」を採用している。
※実際の製品では、製造上の理由により、裏ぶたの向きが異なる場合がある。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます