• TOP
  • ヘルスケア
  • 健康生活習慣の3部門で1位!最も健康的な都道府県は?

健康生活習慣の3部門で1位!最も健康的な都道府県は?(2019.10.30)

アンファーニッポン健康大調査

アンファーは、全国47都道府県各100人(男女50:50、20代~60代まで各10人)を対象に、個々人の日常生活習慣の行動や、将来の健康に関する考えなど、“未病対策に対する考え方”を調査した『ニッポン健康大調査』を行った。

「ニッポン大調査」実施背景

人生100年時代の到来を見据え「予防医学」や「未病対策」というキーワードが重要視され、人々の健康に対する関心度が高まっている。

アンファーは、個人の健康に対する意識や、健康的な生活習慣の行動変化を指標化し、未病改善の普及啓発につなげることを重要なミッションであると捉え、昨年より日本全国を対象とした一斉調査を開始した。

第2回目を迎える「ニッポン健康大調査」では、様々な医師監修の下、新たに未病対策の基本となる健康的な生活習慣の行動について、調和のとれた食事、適切な運動、十分な休養・睡眠、ストレスのない生活、嗜好品の摂取など、“健康5項目”を基礎に調査。

「睡眠」「ストレス」「嗜好品」でトップ!健康生活習慣 実行力第1位は?

【健康生活習慣 実行力ランキング】
1位 奈良県、2位 徳島県、3位 山梨県
47位 大分県、46位 愛媛県、45位 青森県

1位 奈良県

健康的生活都道府県ランキング

47位 大分県

健康的生活都道府県ランキング

「運動」「食生活」「睡眠」「嗜好品」「ストレス」の5項目におけるポイントが高く、「健康生活習慣 実行力ランキング」で全都道府県1位に輝いたのは奈良県。

具体的には、寝る前のスマホ回数が少ない、6時間以上、8時間以下の理想的な睡眠時間などの条件による睡眠スコアで1位、飲酒習慣、喫煙習慣がない、などによる嗜好品スコアでも1位、ストレスを感じる頻度によって換算するストレススコアにおいても1位と、心身ともに健全な生活を送っていることがうかがえる結果となった。

食事においても、朝食頻度は高く、外食頻度は少ない、健全な食生活を実践していることがうかがえる。一方、最下位となった大分県では、運動スコア46位、睡眠スコア47位、食生活スコア43位と、課題の多い結果に。

意識調査では、健康に良いことを「健康に気をつかい始めたきっかけ」の質問に対し、「睡眠が十分でないと感じるから」「よく飲酒をするから」など、生活習慣に対する問題点意識を持つ人々の割合も多く、不健全な生活習慣を不安視する声も散見された。

363093c085eda22dcdd4a312c14aa660_s

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます