各界で活躍する3名と共同開発した渡辺産業「グレンロイヤル」別注モデル(2019.10.31)

渡辺産業BRITISH MADE荒岡俊行石見豪日野明子

渡辺産業が展開する「BRITISH MADE(ブリティッシュメイド)」は、「英国のストーリーあるライフスタイル」を掲げた生活雑貨ブランド。そのラインアップに、各ジャンルで活躍する3名の著名人と共同開発したアイテムが新たに加わった。

今回は“著名人と創るグレンロイヤル”と題し、眼鏡店「blinc、blinc vase」のバイヤー兼ディレクターである荒岡俊行氏、大阪の「THE WAY THING GO」と靴修理専門店「ユニオンワークス」の1号店である渋谷店「TWTG×UNION WORKS」のオーナー兼靴磨き職人の石見豪氏、“つくる人とつかう人を繋げる”ことを掲げ、国内の手仕事や地場産業と、ショップとの架け橋になる役割を果たしている「スタジオ木瓜」代表の日野明子さんといった3名によるグレンロイヤルとコラボレーションとなっている。

商品概要

blinc ディレクター 荒岡俊行さん × BRITISH MADE

渡辺産業BRITISH MADE荒岡俊行石見豪日野明子

左:FLAT FLAP OPTICAL CASE  15,400円(税込)
右:FLAT OVAL OPTICAL CASE  14,300円(税込)

持ち運びやすさを重視したフラットな眼鏡ケース。やや大きめに設定することで今の眼鏡もしっかりと収納できるものとなっている。

内側のライニングを排し、極力シンプルにすることで購入しやすい価格帯も実現したいという荒岡さんの思いが反映されているアイテムだ。

フラップタイプの眼鏡ケースは控えめなサイズ感に仕上げた。コンパクトながら大きなサングラスも入る仕様が特徴。

内側の鼻あてパッドを排することでフラットな仕上がりに。シンプルで薄いといった機能性を持ち合わせながら、柔らかなライニングでレンズを保護する眼鏡ケース本来の機能性はそのまま保持している。

THE WAY THINGS GO オーナー 石見豪さん × BRITISH MADE

渡辺産業BRITISH MADE荒岡俊行石見豪日野明子

左:CURRENCY LONG WALLET ¥31,000、36,300円(税込) (エンボス加工)
右:FLAT COIN TRAY PURSE ¥13,000、 16,500円(税込)(エンボス加工)

長財布は薄さを重視するためにレザーを1枚省略し、さらにカードスロットとお札入れの取り出し口は斜めのカッティングを採用。

とことん上品になるようにステッチは細いピッチで縫い、コバ周りをターンエッジ(内巻き)処理で仕上げている。

ほんの小さな変更点でコンパクトさ、取り出しやすさといった機能面も大きくアップデートしながら一層の高級感を放つ。

そして、お札の出し入れがスムーズとなることで美しい所作が実現できた使用シーンまでも洗練された、靴磨き職人である石見さんらしい逸品だ。レザーのカラーもブラックのみの展開で、シンプルさに拘っている。

コインケースは内側の取り出し口を大きくするよう仕様変更された。また、あえてポケットを取り除くことで、シンプルさと薄さの両面を追求した仕上がりに。

長財布とセットで持つことを提案したシンプルなコインケースはミニマムな修正を施しながらも、使いやすさがさらに向上した。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます