ツヤ髪こそ男前の証!知っておくべきヘアケア剤の基礎知識(2019.11.16)

爽やかなツヤ髪こそ男前の証!ヘアケア剤の基礎知識を知っておこう

ヘアケア剤の基礎知識養毛料育毛剤

顔と同様に、髪は年齢を如実に表す。いや、顔以上に年齢が出てしまうかもしれない。

なぜなら頭部は、顔面より毛髪が占める面積のほうが、圧倒的に大きいからだ。それ故、人の目につきやすく、印象を左右してしまうのだろう。

加齢してくると、髪にツヤがなくなり、うねったりボリュームがなくなったり。しかし、20代男性だって、間違ったヘアケアをしていると、同じような状態になってしまうから。

そこで、筆者が大手化粧品メーカーの研究員さんに教えてもらった基礎知識を紹介しよう。

基礎だからってナメてはいけない。基礎的なことができていないと、男前な美髪にはなれないのだ!

Q1 ボディシャンプーで洗顔や洗髪してもいいのだろうか?

A1  研究員「顔と頭皮、ボディでは、肌の性質が違うため、汗や皮脂の分泌量に差があり、清涼感やベタつきの感じ方も異なります。

さらに、汗・皮脂・ホコリなどの一般的な汚れの他、顔にはUVカットなどの化粧品、髪にはスタイリング剤やタバコの臭いなど、付着する汚れの種類も違ってきます。

化粧品開発の研究では、まず、洗い方、使用感、香り、容器などを検討。その結果、用途ごとに最もふさわしい製品として、洗顔料、シャンプー、ボディシャンプーと区別して作ります。ですので、それぞれの目的に沿った使い方をするのがオススメ。

なお、全身シャンプーといわれるものは、基本的に髪も顔も洗える製品です。ただし、肌や髪が乾燥しやすい人は、リンスやヘアトリートメントを併用するなど、使用後の肌や髪のお手入れを工夫したほうがいいでしょう」

Q2 リンスとコンディショナー、トリートメントの違いって何?

A2 研究員「“リンス”は、シャンプー後の髪のクシ通りをよくして、静電気を防ぎ、ツヤを出す製品のことをいいます。

シャンプーの時、汚れと一緒に失われた油分を補い、髪の表面に薄い膜をつくって、外の刺激から守る役割が。

リンスが市場に多く出回るようになった頃から、傷んだ髪を健やかな状態に導くことを付加価値としたヘアケア製品が、各メーカーの定義で“ヘアコンデョショナー”“ヘアトリートメント”として登場してきました。

一般的に、浸透性の成分を含むトリートメントは、タンパク質を内部に送り込むことで髪を丈夫にし、弾力を回復させる効果が。また、ほとんどのトリートメントは、リンス効果を兼ね備えています。

コンデョショナーは、リンス寄り、トリートメント寄りなど、メーカーによって定義が異なります。ネーミングだけでなく、製品の詳しい説明をよく読んでから購入するようにしましょう」

Q3 リンスやトリートメントは、よくすすぐと効果がなくなる?

A3  研究員「現在のリンスは、リンス成分が髪に吸着する力が強いので、すすぎによってリンス効果がなくなってしまうことはありません。

リンス成分として一般的に配合されているカチオン界面活性剤は、電気的にプラスの性質を帯びています。水に濡れた髪はマイナスの状態にあるので、お互いに引き合うことで、リンス成分が髪にしっかりと吸着。

リンスやトリートメントをよく髪になじませた後は、シャンプーと同じく十分にすすいでください。すすぎ不足によってリンス成分が頭皮に残ったままだと、フケやかゆみの原因になりかねません。

ただし、髪を着色するカラーリンスや、クセ毛治し効果のあるリンスなど特殊なものは、すすぎ方が決められていることも。説明書をよく読んでから、使うようにしましょう」

Q4 養毛料と育毛料は、どう違うのか?

A4  研究員「養毛料と育毛料は、よく似た名前がつけられており、どちらも同じように毛髪と頭皮を健やかに保つ製品。

ですから、間違えやすいのですが、実際は次のような違いがあります。

養毛料は化粧品で、フケ・かゆみを抑え、不足しがちな水分・油分などを補って、毛髪と頭皮の健康を保つのが目的。

一方、育毛料(正しくは育毛剤)は医薬部外品。育毛、脱毛予防、発毛促進、フケ・かゆみを抑えるなど、より直接的な育毛効果を期待できます。

また、その多くは、薬用育毛剤、薬用発毛促進剤など、名前に『薬用』がついています。

購入時には、説明表示をよく確認し、目的に合った製品を選ぶようにしてください」

 

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

藤田麻弥 画像

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。美容&医療セミナーの企画・コーディネート、化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会を頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます