JVCのウェアラブルワイヤレススピーカーにテレビ音声対応モデル(2019.11.22)

JVCケンウッドBluetooth対応ウェアラブルスピーカー

JVCケンウッドは、JVCブランドより「NAGARAKU」シリーズの新ラインアップとして、Bluetooth対応ウェアラブルワイヤレススピーカー「SP-A7WT」を11月下旬より発売する。

商品特徴

1.耳をふさがずにストレスフリーなリスニングが楽しめるネックバンドスタイルを採用

首にかけるだけで耳をふさがずにリスニングが楽しめるネックバンドスタイルを採用。ストレスフリーなリスニングスタイルで、音楽の”ながら聴き”、ハンズフリー通話による”ながら通話”が楽しめる。

2.テレビ音声が楽しめるBluetooth送信機を付属

テレビ音声用のBluetooth送信機も付属。テレビと接続してペアリングすることで、耳元でクリアな音声を聞くことができる。家事をしながらテレビを楽しんだり、深夜でも音量を気にせずテレビ観賞が楽しめるのだ。

JVCケンウッドBluetooth対応ウェアラブルスピーカー

3. 映像と再生音声のズレを抑える低遅延コーデックQualcomm®aptX™ Low Latencyに対応

低遅延コーデックQualcomm aptX Low Latencyに対応。映像と再生音声のズレを抑えて、違和感なくテレビ視聴や動画再生を楽しめる。

4.日常のさまざまなシーンでテレビ音声や音楽を楽しめる生活防水対応

水しぶきや雨を気にせず使える生活防水に対応※1。キッチンで料理や洗いものなどをしながら、あるいは屋外での散歩時など、日常のさまざまなシーンでテレビ音声や音楽を楽しめる。※1 : JIS保護等級4級(IPX4)相当

5.装着していることを忘れるほどの軽量設計(約83g)により、長時間でも快適なリスニングが楽しめる

6.バッテリー内蔵で約15時間※2の連続再生を実現

スピーカー本体に内蔵したバッテリーにより、約15時間の連続再生を実現。充電切れを気にすることなく長時間のリスニングが可能。※2:使用条件により変わる。

7. クリアで豊かな高音質サウンドが楽しめる高出力仕様

メインスピーカーに加えて低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を搭載した高出力仕様により、コンパクトサイズながらクリアで豊かな高音質サウンドを実現した。

JVCケンウッドBluetooth対応ウェアラブルスピーカー

8. 音声アシスタント機能の起動や接続機器のリモート操作が可能

本体からスマートフォンの音声アシスタント機能の起動が可能※3。また、接続機器のボリューム調整/再生/一時停止/曲送り/曲戻しなどのリモート操作ができる。※3:接続機器の仕様により、対応していない場合も。

9.ハンズ&イヤフリー通話に対応したマイクを搭載

商品概要

JVCケンウッドBluetooth対応ウェアラブルスピーカー

品名:ウェアブル ワイヤレススピーカー
愛称:NAGARAKU
型名:SP-A7WT
本体カラー:ブラック
電池持続時間:約15時間※2
充電時間:約3時間
希望小売価格(税抜):オープン価格
発売時期:11月下旬

関連情報
https://www3.jvckenwood.com/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます