飲酒や喫煙は要注意?!約23万8000件のAGA患者カルテから要因を推定(2019.12.08)

DクリニックAGA遺伝喫煙アルコール

頭髪専門クリニックのDクリニックでは、238,197件の男性のAGA患者の問診票やカルテの診察履歴データから10,605件のデータを抽出。男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia; AGA)の進行および遅延する要因を探索するために因果推論という手法を用いて統計処理を行い、因子の特定を試みたと発表した。

さっそく、その概要をお伝えしていこう。

DクリニックAGA遺伝喫煙アルコール

DクリニックAGA遺伝喫煙アルコール

※1) 係数:ある因子が関連している可能性を示し、値が大きいほど関連性が高いことを示しています。ここでは項目が該当するときハミルトン・ノーウッド分類(薄毛の進行分類)のレベルがどの程度上がるかを示しています。
※2) 標準偏差:係数の散らばりの度合いを示す値です。
※3) Z-Score:Z-score=係数/標準偏差で計算され、この値が大きいほど関連性が高いことを示しています。
※4) P値:統計学的に0.05未満のときに、ある因子が関連する確率が高いことを示しています(上記表ではグレーアウトしている項目は有意差なし)。

今回の結果から、従来からの報告のように遺伝的な素因はAGAの進行に強く関係していることが明らかになった。また喫煙や飲酒などの嗜好品を好む人はAGAが進行している傾向がみられたことにより、喫煙や飲酒はAGAの進行に影響を与えている可能性も示唆された。

さらに健康診断で異常を指摘された人、高血圧症の既往歴のある人もAGAが進行している傾向がみられた。これにより、高血圧を含む生活習慣病はAGAの発症に何らかの関連性がある可能性があることが推測される。

一方、定期的にスポーツをしている人はAGAの進行を遅延させることもわかり、AGAの進行予防に繋がる可能性が推察できる。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます