• TOP
  • ヘルスケア
  • 目が乾くなら、まつ毛の内側にある『マイボーム腺』を温めよ!

目が乾くなら、まつ毛の内側にある『マイボーム腺』を温めよ!(2019.12.12)

10秒間瞬きせず、目を開けたままでいられるか?

ドライアイマイボーム腺

日本眼科学会の発表によると、日本では約800~2,200万人ものドライアイ患者がいるという。

さらに、オフィスワーカーにおいては、3人に1人がドライアイという報告もあり、年々増加傾向にあるらしい。

ドライアイとは、目の乾燥だけでなく、異物感、目の痛み、まぶしさ、目の疲れなど、多彩に慢性的な目の不快感が症状として表れる。

ちなみに、みなさんにドライアイ症状があるか否かをチェックする方法がある。次の項目で該当する症状はいくつあるだろうか?

【ドライアイチェック】
□目が疲れる
□目が乾いた感じがする
□モノがかすんで見える
□目に不快感がある
□目が痛い
□目が赤い
□目が重たい感じがする
□涙が出る
□目がかゆい
□光を見るとまぶしい
□目がゴロゴロする
□目ヤニが出る

【10秒間チェック】
10秒間瞬きをせずに目を開けていられるか?

【診断結果】
自覚症状で5項目以上チェックがあった、もしくは、10秒間瞬きを我慢できなかった人は、ドライアイの可能性あり。そんな人は眼科医に診てもらうのをオススメする。

まつ毛の内側には目をうるおわす分泌物が出ている

ドライアイは、加齢、スマホやPCなど長時間モニターを見つめる、乾燥した環境、コンタクトレンズなど様々な要因で発症する。

その中でも、筆者が眼科医に教えてもらったのが『マイボーム腺機能不全』という要因だ。

マイボーム腺とは、まつ毛の生え際の内側に多数並んでいて、脂分を分泌し、涙の成分と混ざって水分の蒸発を防ぐ脂腺である。

この脂腺が詰まり、涙にとって重要な脂分が出にくくなくなり、目が乾燥することを、マイボーム腺機能不全というのだ。

40℃以上の温熱で目のうるおいを取り戻せる!

マイボーム腺の脂の詰まりは、40℃以上の温度で融解するという。

よって、40~42℃程度のやや熱めな蒸しタオルを、目の上に5分以上当てることを、眼科医は推奨している。また、市販されている約40℃の蒸気で温まるホットアイマスクを使うのもテ。
※目が充血していたり、炎症がある場合、温めるのはNG

ちなみに、蒸しタオルは、水で濡らして軽く絞ったタオルをレンチンしてつくるのが一般的。

しかし、5分以上も40℃程度の温かさはキープできないので、何度か温め直さなければいけないのだ。それは非常に面倒だ……。

そこで、筆者のオススメは入浴時。お風呂の温度を40~42℃くらいに設定し、湯船に浸かりながら、お湯に浸した濡れタオルを目の上に当てるだけ。

温かさがなくなったら、その都度、湯船のお湯に浸せばいいから、とってもラク♪ 筆者は浸したタオルを絞らずに、ビチャビチャのまま目の上にのせている。タオルから流れ出るお湯が顔に伝わり、これがまた気持ちイイのだ。

ちなみに、厚手のフェイスタオルではなく、温泉旅館でもらうような薄手のフェイスタオルが最適。目の上にのせたとき、ちょうどいい重みになるから。

温めるだけでも、目の乾燥が和らいでラクになるからお試しあれ。

それでも目の乾燥が続くようなら、眼科でマイボーム腺の詰まりを圧迫除去する処置があるので相談してみるといいだろう。

 

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

睡眠のゴールデンタイム01

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。美容&医療セミナーの企画・コーディネート、化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会を頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

その他の情報はこちら!

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます