• TOP
  • ビジネスマナー
  • 「仕事・職場が原因でかなりストレスを感じている」係長クラスは37.2%、主任クラスは25.6%、課長クラスは?

「仕事・職場が原因でかなりストレスを感じている」係長クラスは37.2%、主任クラスは25.6%、課長クラスは?(2015.12.03)

 2014625日に公布された労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックと面接指導の実施等を義務づける制度が創設され、2015415日に具体的な運用方法を定めた省令、告示、指針が正式に発表された。インターワイヤード株式会社は、同社のネットリサーチサービス『DIMSDRIVE』を利用し、「ストレスチェック制度」に関する調査を実施。975人から回答を得た。調査の結果、係長クラスの37.2%が「かなりストレスを感じている」と回答。63.2%がストレスチェックを受診したいという意向が見られた。またストレスは測ってみたいが、結果が悪かった際の処遇が気になるという意見も多く聞かれた。

係長クラスの37.2%が「かなりストレスを感じている」

「ストレスチェック制度」に関する調査

組織で働く人の『仕事・職場が原因でストレスを感じている』割合は50.4%と半数を超え、多くの人が仕事や職場が原因の心のストレスを抱えている事が分かった。「仕事・職場が原因で、かなりストレスを感じている」割合は【係長クラス】37.2%が最も高く、【主任クラス】25.6%、【課長クラス】23.9%も高くなった。いわゆる中間管理職は強いストレスを感じているようだ。【係長クラス】では、半数の50%が『ストレスを感じていることを「部署にも会社にも知ってほしい」』と回答しており、辛い状況を分かってほしいと願っている事がうかがえる。

半数がストレスチェックという名称を聞いたことが無い

「ストレスチェック制度」に関する調査

 ストレスチェック制度の認知については、そもそも『ストレスチェックという名称』を知っている人が49.6%と半数に満たない状況で、現時点では認知率は低い。『義務化されることを知っていた』人は16.9%だった。

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます