• TOP
  • モテ講座
  • カタオカデミー賞2019【片岡信和OTOKOMAE美容学】

カタオカデミー賞2019【片岡信和OTOKOMAE美容学】(2019.12.25)

カタオカデミー賞2019【片岡信和OTOKOMAE美容学】

 年に50本以上映画館で作品を鑑賞している片岡信和です。映画と同じくらい映画館が好きなんです。

2019年も残りわずかということで、今年最も印象に残っている作品を紹介したいと思います。題して「カタオカデミー賞」です!(笑)

今年は「アベンジャーズ」が映画の全世界歴代興行収入の記録を更新しましたね。なにかと時間に追われてしまう日常だからこそ、映画館の2時間は重宝されるのかもしれません。

沢山の素晴らしい作品の中から1つだけ選ぶのはなかなか難しいものです(←自分で決めたルールやん)。

それでは、映えある最優秀作品賞は、

「イエスタデイ」です。

イエスタデイリチャード・カーティス

面白い映画に出会った時は、パンフレットよりもサウンドトラックを購入するのをオススメします。音楽を聴くたびに印象的なシーンが浮かんで部屋でも心地よい時間を味わえますよ。

10月に上映されたこの作品は今もロングランされています。先日、僕は2回目を観てきました。本当に素敵な映画は2回目の方が面白いんですよね。

もうね、好みなんです。脚本が僕の大好きなリチャード・カーティスなんです。「ノッティングヒルの恋人」や「ブリジットジョーンズの日記」と聞けば、ご存知の方が多いのではないでしょうか。

そして彼自身が監督した作品「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」は、僕の人生に多大なる影響を与えてくれた大切な作品なのです。

本作では、主人公の売れないシンガソングライターのジャックが交通事故にあって昏睡状態になってしまいます。なんとか目を覚ますとそこは、史上最も有名なはずのバンド「ザ・ビートルズ」が存在しない世界になっており、彼らの名曲を覚えているのは世界でただ1人、ジャックだけに…。

ぜひ、リチャード・カーティスさんの綴った言葉を受け取ってください。幸せかどうかは、これからの自分次第みたいです。気にもしなかった日常にこそある幸せがあるみたいです。やり直したくないくらい素敵な瞬間があることに気づかせてくれる作品です。

ちなみに主人公の恋愛ストーリーは、劇中にも本人役として登場するエド・シーランの実体験を基にしているんですって。あのエド・シーランです。”最も興行収入を挙げたツアー”として史上最高記録を樹立したエド・シーランですよ!すごいですよね。

年末年始の休みにもし映画を観るのなら「イエスタデイ」がオススメです。家では「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」をどうぞ!

素敵な年末をお過ごしください。

次回もカタオカデミー賞もお楽しみに(笑)

それでは。

  俳優・気象予報士 片岡信和 公式サイト
https://shinwakataoka.officialsite.co/

・NHK Eテレ「シャキーン!」の片岡信和の「オ・ソラ・ミヨウ」レギュラー出演

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます