伝統工芸と最新送風技術を融合させた〝高品位アロマデュフューザー〟(2020.01.10)

パナソニックアロマディフューザーFUMA

パナソニックは21世紀の香炉を目指した新型アロマディフューザー「FUMA」を2タイプを開発。クラウドファンディング型ECサイト「TAMATEBA(タマテバ)」において発売を開始した。

「FUMA」は、パナソニックで送風関係の研究開発を行い、「創風機Q」などの企画、開発を行った担当者が手がけた〝癒し〟と〝くつろぎ〟の空間を提供する、香りを風で導く最高級のアロマディフューザーだ。

素材は400年続く産地の技術を用いた「有田焼」と、重厚感のある素材にこだわった「南部鉄器」の2種類。アロマストーンにアロマオイルを数滴滴下することで、香りを風で送り出す仕組みだ。

本体は玄関や寝室、リビングや和室などさまざまな場所に置いても違和感のないミニマルなデザインとなっており、シンプルでありながら存在感のあるアロマディフューザーとなっている。

アロマストーンにオイルを一滴垂らせば一日中香りが持続し、ストーンをたくさんおけば香りは強くなり、違う香りの石を混ぜて置けば香りも簡単に変えることも可能だ。

FUMA南部鉄器の申込期限は2020年1月19日まで、FUMA有田焼の申込期限は2020年1月26日まで。

パナソニックアロマディフューザーFUMA

今回、FUMA のために、本物の香りを知る調香師が、お香の香りがするフレグランス(キャラジャスミン)を特別に作り上げた。同社によれば、調和のとれた香りは、精神的に緊張感をある程度出しながらリラックスさせてくれるという。

パナソニックアロマディフューザーFUMA

もちろん市販のアロマも使えるので、自身の好きなアロマを使用できる。また、本体スイッチに加え、iOS向けアプリで、シーンに応じておすすめの風量・風向を設定することも可能だ。

商品概要

パナソニックアロマディフューザーFUMA

関連情報
https://tamateba.en-jine.com/projects/fuma01nb

https://tamateba.en-jine.com/projects/fuma01aw

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます