オフのファッションで迷子にならない「正解の服」とは?(2020.01.13)

Tシャツこそこだわるべき

タカシさんが、トップスの一番手に挙げたのはTシャツ。フクくん的には、「こだわる必要があります?」と疑問を投げかけるが、タカシさんは「普段から着ているものだからこそ、こだわるべき」だと答える。

タカシ「ベーシックなアイテムで、汎用性が高いのがTシャツの特徴。その利点を活かすためにも、無地でシンプルなデザインを選ぶこと。色は白、黒、グレーの三色のシックな色を中心に、それと清潔感のあるネイビーを揃えておこう」

オフの日に着る服Dcollection

正解のTシャツの1

素材のおすすめは、シンプルなのにアクセントになるという理由で「表面に凹凸のあるワッフル地」。そして、厚みのあるヘビーオンスが、洗ってもヨレヨレになりにくいなどのメリットがある。

初心者は白のオックスフォードシャツ一択

次のトップスは、シャツ。今までフクくんは、色付きのシャツを着ることが多かったが、「初心者が色付きシャツを着こなすのは難しい」と、タカシさんにダメ出しされている。

タカシさんがすすめるのは、「白のオックスフォードシャツ」。「デザインがシンプルで、パンツを選ばず溶け込んでくれる万能さ」「カジュアルな生地感なので多少シワがあってもいい。むしろシワがある方が、こなれた印象が出る」が、オシの理由だ。

オフの日に着る服Dcollection

正解のシャツの1

そして、カジュアルシーンでは、パンツの中にシャツは「基本入れない」。それがだらしなくならないよう、「お尻が少し隠れるくらいの着丈」を選べ、とも。

この後、スウェットやプルオーバーパーカなどアドバイスは続くが、タカシさんの締めの言葉は「シンプルな配色に。サイズ感も慎重に選ぶこと」。この点を肝に銘じておこう。

靴選びは疎かにしない

タカシさんは、足元=靴を疎かにする人が多いと言い、実は「オシャレは足元から」というくらい大事であることを指摘する。そして、最初に買うべき靴はスニーカーだという。

フクくんは、スニーカーならレアもの含め数を揃えていると自慢気だが、やはりダメを出される「どれも正直子供っぽくて、正解の服とはちょっと違うね」と。

タカシさん「ポイントはひとつ、モノトーンを基準としたカラーで、シンプルなデザインを選ぶこと。モノトーンの中でも黒やグレー、ネイビーは、洋服も選ばず合わせやすい。それにファッション初心者でも抵抗なく取り入れられるからオススメ」

オフの日に着る服Dcollection

正解のスニーカーの1

また、素材に関しては、「キャンバス地ならカジュアル向き、レザーはキレイめ向き」と、押さえればよいとのこと。

*  *  *

タカシさんの解説は、腕時計などのアクセサリーや体型別の総合的なアドバイスなど多岐にわたり、しっかり読み込めば、オシャレ初心者を卒業できること請け合い。ちなみに、この「タカシさん」の正体は、本書の監修者であるDcollection。ビギナー向けのメンズファッション通販サイトであり、サイト内の「オシャレの教科書」というコーナーでも様々なオシャレ情報が掲載されている。オシャレを改革しモテへと脱皮したい方は、本書とともに一読されるとよいだろう。

オフの日に着る服Dcollection

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

 

その他の情報はこちら!

 

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます