• TOP
  • ヘルスケア
  • 鼻炎や目のかゆみなど花粉症症状の緩和が期待できる納豆菌があった!?

鼻炎や目のかゆみなど花粉症症状の緩和が期待できる納豆菌があった!?(2020.02.09)

花粉免疫力S-903 納豆菌

2月に入り、今年も本格的な花粉のシーズンが迫ってきた。ちなみに気象庁の予想によれば、東京におけるスギ花粉の飛散開始は2月15日となっている。

そんな花粉と人間の免疫力に関するリポートが中部大学大学院 工学研究科 客員教授で薬学博士の林 京子先生監修により、おかめ納豆サイエンスラボに掲載されているので概要を紹介したい。

私たちの身体を守る仕組みである免疫力は大きく2つの働きがある。ひとつは「花粉などのアレルギーに関わる作用」。もうひとつは「風邪やインフルエンザなどに対抗し感染症から守る作用」だ。

例えば、細菌・ウイルスなど異物が身体に入り込んで風邪やインフルエンザなどに感染した場合、免疫が活発に働けば、異物を排除して病気を未然に防いだり、発症してもすぐに治るが、免疫力が低下している場合は、病気にかかりやすく、治りにくくなってしまう。

しかし、この免疫反応が正常に働かず、花粉などのアレルゲンの侵入に対して免疫細胞が過剰に反応してしまうと、くしゃみや鼻水、目のかゆみといった、いわゆるアレルギー症状となってしまうのだ。

そんな免疫機能のうち、全身の70%ほどのが腸内に備わっており、腸管には免疫細胞が集まる「パイエル板」という重要な器官もある。「パイエル板」は、腸内に異物が侵入してくると異物の情報を集めて分析し、免疫細胞に異物への攻撃・排除を命令する。

そして、命令を受けた免疫細胞は、異物への攻撃を開始するのだ。これらの免疫機能が24時間休む事なく監視してくれることで、私たちの健康は守られているというわけだ。

近年、納豆に含まれる「納豆菌」が「パイエル板」に取り込まれることで、腸管免疫細胞を刺激し免疫機能を高めることが明らかになった。

さらに「S-903 納豆菌」という、免疫に対する機能性が一般的な納豆菌の1.5倍あるという納豆菌の研究も進んでいる。S-903 納豆菌には、鼻炎症状の緩和やくしゃみ、目のかゆみなどの和らぎが見られ、花粉症症状緩和効果が示唆された実験結果も報告されている。

こういった食材は継続的に取り入れた方が効果は期待できるため、できれば毎日取り入れることをおすすめしたい。

花粉免疫力S-903 納豆菌

関連情報

http://www.natto-science.jp/

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます