• TOP
  • ビジネスマナー
  • 年収800万円以上の外資系と日系企業社員に聞いた〝転職のきっかけ〟

年収800万円以上の外資系と日系企業社員に聞いた〝転職のきっかけ〟(2020.02.24)

エンワールド・ジャパン年収800万円以上転職きっかけ

日本最大級のグローバル人材紹介会社・人材派遣会社であるエンワールド・ジャパンは、同社のサービス登録者で、現在正社員で働いている年収800万円以上の人を対象に「転職のきっかけ」についてアンケートを実施。1,332名から得た回答結果を公開した。

「転職を考え始めた契機・理由」第1位は「キャリアアップ」

年収800万円以上の人に、転職を考え始めたきっかけ・理由について伺った。もっとも多かったのは、外資系・日系企業社員ともに「キャリアアップ(昇進・仕事の幅を広げたい)」で、過半数を超えている。(外資系企業社員:51%、日系企業社員:54%)。

外資系・日系企業社員でもっとも大きな差がでたのは「会社の考え・風土が合わない」(同:24%、32%)。日系企業社員の回答が、外資系企業社員を8ポイント上回った。

「その他」には、「業務とのミスマッチ」「年齢(定年を迎えた、定年に近いなど)」「企業の倒産・縮小」「ハラスメント」「勤務地・通勤時間」「家庭の事情」などの理由が挙げられている。

エンワールド・ジャパン年収800万円以上転職きっかけ

転職で不安なことは「現在の年齢」

「転職を考える上で不安に感じることはありますか」と伺うと、最も多かったのは、外資系・日系企業社員ともに「現在の年齢」で、約6割に上った。(外資系企業社員:57%、日系企業社員:63%)。

日系企業社員の回答が、外資系企業社員の回答を6ポイント上回り、日系企業社員の方が年齢を不安視していることがわかる。

第2位は「希望する仕事の求人があるか」(同:38%、34%)、第3位「自分の経験・スキルに市場の需要があるか」(同:33%、32%)となっており、いずれも外資系・日系企業社員で同順位。

外資系・日系企業社員の回答でポイント差が大きかったのは、「現在の年齢」と同じく6ポイント差があった「家族の理解が得られるか」(同:5%、11%)であった。

「その他」では「入社後のギャップ(業務内容、職場環境)」や「面接・適性試験」「自由度」などが見られる。「特にない」と回答したのは11%にとどまっており、多くの人が転職に何かしらの不安を抱えていることが分かった。

エンワールド・ジャパン年収800万円以上転職きっかけ

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます