• TOP
  • ヘルスケア
  • 非喫煙者の49%が「たばこ休憩に反対」だが喫煙者は9%に留まる

非喫煙者の49%が「たばこ休憩に反対」だが喫煙者は9%に留まる(2020.02.26)

飲食店内禁煙喫煙マナーたばこ休憩

2020年4月より飲食店内では原則屋内禁煙となり、喫煙者からすれば吸える場所がさらに減少する。そんな中、エアトリは、改めて喫煙による「迷惑行為」について、喫煙者・非喫煙者(元喫煙者)それぞれの声を聞いた。

周囲が喫煙していて迷惑した経験はありますか?

非喫煙者で周囲が喫煙していて迷惑した経験が 「ある」と答えたのは94.5%にもなった。また喫煙者で周囲が喫煙していて迷惑した経験が 「ある」人が48.8%おり自身も喫煙をしていても周囲の喫煙が“迷惑”と感じる人がいることが判明。

飲食店内禁煙喫煙マナーたばこ休憩

迷惑だと感じた行為を教えてください

(周囲が喫煙していて迷惑した経験があると回答した人・複数回答可)

非喫煙者が迷惑だと感じた行為について最も回答が多かったのは、「ニオイ移り(88.4%)」となった。続いて「歩きたばこ(83.3%)」、「吸い殻のポイ捨て(78.0%)」という順に。

一方、喫煙者が迷惑だと感じた行為については、「吸い殻のポイ捨て(63.2%)」が最多となり、続いて「歩きたばこ(57.7%)」、「妊婦・子どもの前での喫煙(49.4%)」の順となり、非喫煙者と喫煙者とでは迷惑だと思っている行為は合致しなかった。

非喫煙者と喫煙者の見解で最も大きく割れたのは「飲食店での喫煙」(喫煙者21.3%、非喫煙者77.9%)で56ポイント以上の大きな差に。喫煙者は多少気に掛けていたとしても自身の気が付かないところで非喫煙者に迷惑をかけているのかもしれない。

飲食店内禁煙喫煙マナーたばこ休憩

喫煙する際に気に掛けているマナーを教えてください。

(喫煙者・複数回答可)

喫煙者が喫煙する際に気にかけているマナーとして最も多かったのは 「吸い殻をポイ捨てしない (82.2%)」となった。

「歩きたばこをしない(68.9%)」、「喫煙所以外で吸わない(66.8%)」は共に約7割の人が気に掛けているようだ。調査2で迷惑行為の上位にと挙げられた内容と同じ「吸い殻をポイ捨てしない」と「歩きたばこをしない」を喫煙者なりに気に掛けているようだ。

飲食店内禁煙喫煙マナーたばこ休憩

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます