デザイン性と快適な歩行機能を両立させたウォーキングシューズ(2020.03.04)

ヨネックスウォーキングシューズパワークッション111

ヨネックスは、ウォーキングシューズの最大の機能である衝撃吸収性と反発力を併せ持ち、さらに進化した「パワークッションプラス」を搭載。デザイン性と快適な履き心地を両立した男女兼用のスポーツウォーキングモデル「パワークッション111」を2020年3月下旬より発売する。

この製品は「NEXCORE(ネクスコア)シリーズ」の第2弾。ウォーキングシューズに必須の快適な履き心地に、さらにブラッシュアップしたデザイン性を掛け合わせ、スタイリッシュなウォーキングシューズとなっている。

商品特徴

1、12mの高さから落とした生卵が割れずに6m以上跳ね返る「パワークッションプラス」搭載

「パワークッションプラス」は、パワークッションに反発性の高い特殊樹脂を添加し、+型の溝を最適な間隔と深さで格子状に配置した新構造を採用。従来の軽量性を保ちつつ、衝撃吸収性を28%、反発性を62%アップさせ(一般的な衝撃吸収材[EVA]との比較)た。その結果、12mの高さから落とした生卵が、割れずに6m以上跳ね返るという。

ヨネックスウォーキングシューズパワークッション111

2、「タフブリッドライト」と「超耐摩耗ラバー」がかかと部の耐久性と安定性を確保

ウォーキングで特徴的なかかと着地を考慮し、かかと部から外側の側面にかけて、硬さと弾力性を併せ持ち、すり減りにくく、へたりにくい「タフブリッドライト」、その下のソールには負荷がかかりやすいかかとをカバーする「超耐摩耗ラバー」を配置。

着地時の衝撃を受けやすい、かかと部の耐久性を高めるとともに、安定性を確保した。

ヨネックスウォーキングシューズパワークッション111

ヨネックスウォーキングシューズパワークッション111

3、「伸縮性メッシュ」と「インナーブーティ構造」がストレスフリーのフィット感を実現

アッパーには「伸縮性メッシュ」を使用し、ストレスフリーのフィット感を実現するとともに、タングと履き口を一体化。靴と足の隙間をなくし、包み込むように足にフィットする「インナーブーティ構造」を採用することで、足入れがスムーズになった。

さまざまな足の形状になじみ、外反母趾や甲が高いといった悩みを持っている人にも快適に履いてもらえる。

ヨネックスウォーキングシューズパワークッション111

商品概要

ヨネックスウォーキングシューズパワークッション111

左からグレー、ブラック、ホワイト、レッド、マリンブルー

品名:パワークッション111
価格:¥13,000+税
サイズ:22.0~28.0cm 3.5E
重量:片足約230g(23.0cm)、片足約275g(26.0cm)
発売日:2020年3月下旬
取扱店:全国の百貨店および靴専門店

関連情報
https://www.yonex.co.jp/badminton/

 

その他の情報はこちら

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます