• TOP
  • ニオイケア
  • 自分では気づきににくい男のニオイ対策〝きほんのき〟

自分では気づきににくい男のニオイ対策〝きほんのき〟(2020.03.21)

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

肌を清潔にして菌を増やさないことが基本的なニオイ対策

ビジネスマンの基本的なマナーとして定着したニオイケア。初対面で相手が“くさい”と感じたら、仕事の能力まで疑われかねない。

そして他人のニオイには敏感でも自分のニオイには気が付きにくいうえ、加齢とともに発生するニオイもある。

周囲の人にスメルハラスメントと嫌われないように、部位別の原因を理解して毎日適切なケアを心がけることが大切だ。

そこで今回は、ニオイケアについての基本的な疑問について考えていきたいと思う。

Q1 それぞれの部位にあった基本的なケアは?
部位によってニオイ発生の原因やメカニズムは異なるが、肌を清潔にして菌を増やさないことが基本的な対策となってくる。

朝と晩、殺菌成分配合のボディーソープやシャンプーで全身をくまなく洗い、汗や皮脂、汚れを洗い流し、汗をかく前に部位に適したデオドラント剤を塗布すること。

加齢臭が気になり始めたら専用のソープやデオドラント剤を使おう。

Q2 ミドルエイジ特有のニオイが気になる…。対策は?
後頭部付近から発生するアブラの臭いと汗のニオイ。一般的に知られる汗臭や加齢臭とはまた違うニオイで、周囲、特に女性から不快だと思われやすいニオイだ。

口臭や汗臭よりにおいやすいので入念にケアしてほしい。後頭部から発生しやすいので正しいシャンプーで取りきろう。

Q3 加齢臭は40代以上?石けんで洗えば防げるもの?
加齢臭の原因物質が増えるのは50才前後とされているが、30代半ばから少しずつ増え始めるため早めにケアを始めてもらいたい。

原因物質のひとつ、ノネナールは普通の石けんやシャンプーでは落ちにくいため、加齢臭に対応した洗浄料を使用したほうがよい

Q4 自分がにおっているかどうか、どうやってチェックすればいい?
思い切って家族に聞いてみるのがいいだろう。しかし、相手が傷つきそうだから、親しい家族であってもくさいことを本人に伝えにくいというアンケート結果もある。

聞きにくい話題だからこそ、周りに迷惑をかけないよう自発的にケアする気持ちが大切なのだ。

生活習慣や食事にも日々気をつけたい

適切なニオイケアを行っていてもタバコや飲酒、肉中心の食生活などでも、ニオイは発生しやすくなる。ストレスフルで不規則な生活を続けていると口臭がきつくなることも。

最近、話題になっているのは“ダイエット臭”になるニオイだ。極端なカロリー制限や炭水化物をまったくとらないといった間違ったダイエットで通常とは違う代謝システムになると、乳酸やケトン体が発生して臭うという。

ストレスをためず規則正しい生活を送りバランスの良い食事をすることも重要だ。

加齢とともに肌が弱くなり、デオドラント剤を毎日使用することに抵抗があるなら、敏感肌用の刺激が少ないものや天然成分を配合して穏やかにニオイケアできる製品もあるのでチェックしてみてはいかがだろう。

消臭機能を備えた下着や靴下を併用するのもいい方法なので、前向きにケアを続けてほしい。

 

その他の情報はこちら

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます