薄毛対策への意識が高いのはミドルエイジよりも若年層だった!?(2020.03.27)

アートネイチャー薄毛ケア

加齢に伴う身体の変化は、思わぬ戸惑いや悩みの原因になることが多い。特に薄毛や白髪など、頭部の変化は、自分の印象を左右する要因の一つ。

そこでアートネイチャーでは、全国の20歳~59歳の男性400名を対象に「薄毛のケア」をテーマにしたインターネットリサーチを実施。その結果をデータ分析状況と併せて公開した。

加齢とともに起こる変化で最も抵抗のある変化は「薄毛」

アートネイチャー薄毛ケア

まず、20〜50代の男性400名に「加齢とともに起こる変化のうち、最も抵抗のある変化」について聞いたところ57.8%が「薄毛」と回答した。2番目に多かった項目「白髪(11.3%)」とは大きな差が見られる。

最も若い20代でも「薄毛」と答えた人は52%に上り、男性全体で薄毛」は見た目年齢を大きく左右するという意識があるようだ。

アートネイチャー薄毛ケア

自身の頭髪に関して薄毛がどの程度気になるかという設問については、全体で「とても気になる」「やや気になる」合計で74.9%が気になるという回答があった。

20代のデータをみても傾向は同じであり、「薄毛」を気にする意識は、若い年代にも広く浸透していることが見てとれる。

アートネイチャー薄毛ケア

薄毛が「気になる」と回答した人に、薄毛につながった行動についても聞いてみたが、「睡眠不足(43.3%)」、「不健康な食事(39.3%)」、「運動不足(34.7%)」「喫煙(25.3%)」「飲酒(21.7%)」など、生活習慣に関連する項目が目立つなかで、2位と10%以上の差をつけて「ストレス(55.0%)」が1位となった。

アートネイチャー薄毛ケア

薄毛になる前にしておけばよかったと思うこと

また「薄毛になる前にしておけばよかったと思うこと」についての質問では、「十分な睡眠(33.3%)」、「ストレス解消(30.7%)」、「栄養バランスの良い食事(29.7%)」といった前問で「薄毛につながったと思うもの」に対するケアが多く挙げられた。

一方、一番多く挙げられた項目は「薄毛が気になる前からの定期的な髪・頭皮のケア(43.0%)」で、早めのケア、予防的なケアが大事だと考える男性が多いことも明らかに。

アートネイチャー薄毛ケア

実際に行っている髪・頭皮のケアに関する質問では他の年代と20代の傾向には違いが見られ、全体と比べて20代は何かしらのケアをしている人が多い傾向が浮かび上がった。

また20代については、発毛剤やサプリメント、AGA治療、ヘアケアサロンでのヘア・チェックやケアなどよりプレミアムなケアを行っている人の割合も高く、若い頃から髪や頭皮ケアにお金をかける意識が根付いていることも明らかに。

アートネイチャー薄毛ケア

 

1 2
男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます