• TOP
  • スキンケア
  • ブツブツ顔だと男前度も半減!ニキビの種類とケア法を知っておこう

ブツブツ顔だと男前度も半減!ニキビの種類とケア法を知っておこう(2020.03.19)

3種類のニキビ。その違いを知ることがケアの第一歩

ニキビ皮脂分泌アンドロゲンアクネ菌

顔の造作がさほど整っていなくても、肌がなめらかでキレイなら、それだけで男前度はアップする。だからこそ、ブツブツなニキビ面は何としても避けたいものだ。

そもそも、皮脂分泌は男性ホルモンのアンドロゲンによって制御されている。思春期には性ホルモンの分泌が盛んになるため、ニキビができやすくなる。

20代も、まだまだ性ホルモンが盛んだし、日差しや気温の上昇で、さらに皮脂分泌が活発に。それで、大人でもニキビができてしまうわけ。

ニキビは大きく分けて、初期段階の白ニキビと黒ニキビ、これらが悪化した赤ニキビの3種類がある。

【白ニキビ】
正式にはコメドといって、皮脂が毛穴に詰まった状態を指す。毛穴が閉じていると白く見えるので、白ニキビと呼ばれている。

【黒ニキビ】
白ニキビと同じコメドだが、毛穴が開き、皮脂が空気に触れて酸化し、表面が黒く見えるもの。ブラックヘッドとも呼ばれ、鼻の頭や頬の毛穴に目立つ。

【赤ニキビ】
排出されるべき皮脂が腐敗し、皮膚組織を刺激して、赤く盛り上がっている状態。白ニキビや黒ニキビの段階でケアしないと、炎症を伴った赤ニキビへと進行してしまう。

皮脂を落とすだけでなく大人は保湿もしっかりと

アクネ菌という言葉を聞いたことがあるだろう。これは、ニキビのない人にもみられる皮膚の常在菌のひとつ。

通常は皮膚の表面にある皮脂を分解し、弱酸性に保つという害のない菌。

だが、酸素が少ない場所を好むので、皮脂が毛穴の中に詰まるとコメド内で増殖し、炎症を起こしてしまうのだ。

だからこそ、毛穴を詰まらせないケアがとても大事!

セルフケアでは、以下の4ポイントを押さえて行おう。

1.洗顔
朝晩の2回、きちんと洗顔料を使って顔を洗おう。水だけ洗顔では、過剰な皮脂は落ちないから。

また、ウォータープルーフの日焼け止めを塗っていたら、クレンジング剤(=メイク落とし)で落としてから洗顔を。

「普通の洗顔で落とせます」という表記のある製品以外、日焼け止めは洗顔料では落とせない。肌に残ると、毛穴詰まりの原因になるので。

2.ニキビに触らない
ニキビをむやみに触ったり、隠すために前髪を垂らすのは悪化因子となる。自宅では、ヘアバンドやカチューシャ等を用いて、髪の毛がニキビに触れないようにしよう。

3.大人のニキビは保湿をしっかりと
大人が1日に何度も洗顔したり、脱脂力の強いティーン用アクネコスメを使ってしまうと、乾燥して逆にニキビの原因になるから気をつけて。

皮膚が乾燥すると、表皮を早く修復しようと、下からまだ成熟しきっていない細胞が急いで押し上げられ、角層として分厚く溜まることに。

けれど、未熟な角質細胞だから、ちょっとした刺激で剥がれやすくなり、それが毛穴に詰まって皮脂が溜まってニキビに……という悪循環になる。

4.規則正しい生活とバランスのとれた食生活
ストレスや睡眠不足は、ニキビの悪化因子。ストレスの少ない規則正しい生活を心がけよう。

皮膚医学的には、ニキビが悪くなると証明された食べ物はないという。しかし、脂っこい食事は、実感としてニキビが悪化しやすいと思うので、控えたほうが良さそう。

ニキビは病気。症状の軽重に関わらず、皮膚科の受診を

2008年10月、アダパレンが保険適用になってから、ニキビ治療の状況は変わった。

この薬は、炎症のある赤ニキビだけでなく、その前段階のコメドにも有効。塗布を継続することで、コメドの少ない状態を維持することが可能に。

グリコール酸やサリチル酸を用いたケミカルピーリングも選択肢の1つだが、保険適用外である。

 

取材・文/ウェルネス・ジャーナリスト 藤田麻弥

藤田麻弥 画像

雑誌やWebにて美容や健康に関する記事を執筆。美容&医療セミナーの企画・コーディネート、化粧品のマーケティングや開発のアドバイス、広告のコピーも手がける。エビデンス(科学的根拠)のある情報を伝えるべく、医学や美容の学会を頻繁に聴講。著書に『すぐわかる! 今日からできる! 美肌スキンケア』(学研プラス)がある。

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます