• TOP
  • ヘルスケア
  • 200円で買えるスーパーフード!ブロッコリーの新芽に免疫力改善の期待

200円で買えるスーパーフード!ブロッコリーの新芽に免疫力改善の期待(2020.03.28)

健康意識が特に高まる昨今、うがい手洗いなどといったウイルスの予防だけでなく、食から免疫力の低下を防ぐことにも注目が集まっている。

そんな中、女性セブン2020年3月5日号において5人の医師があげる食品と飲み物をまとめたランキング、「免疫力を高める最強食品BEST10」が紹介された。そこで第9位にランクインしたのがブロッコリースプラウトだ。

ブロッコリースプラウトに含まれている「スルフォラファン」とは

ブロッコリースプラウトとはブロッコリーの新芽のこと。管理栄養士の望月理恵子さんは、「1日20gほどを食べることで、抗酸化作用が3日ほど続くとされています。そのため3日に1パックほどを目安に食べるのがおすすめ」とコメントしている。

その理由はブロッコリースプラウトに含まれる「スルフォラファン」という有用成分。

ブロッコリースプラウトスルフォラファン免疫力
ブロッコリースプラウト

この成分は特に発芽して間もない新芽に豊富。発芽して1週間程度の「ブロッコリー スプラウト」には成熟ブロッコリーの10倍以上、さらに幼い新芽である発芽3日目の「ブロッコリー スーパースプラウト」には、成熟ブロッコリーの20倍以上ものスルフォラファンが含まれている(村上農園の商品の場合)。

免疫力は老化に伴って低下していく。その原因の一つは、活性酸素による酸化ストレスと考えられている。

一方、スルフォラファンには、活性酸素を消去する「抗酸化酵素」を増やし、体の抗酸化力を高める働きを持つ。

カリフォルニア大学の研究では、老齢マウスにスルフォラファンを与えると、免疫反応が若年マウスのレベルにまで増強することが明らかになっている。

ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方

スルフォラファンは植物細胞内では「SGS」という前駆体の状態で存在している。このSGSからスルフォラファンを生成するのに必要なのが「ミロシナーゼ」という酵素。ミロシナーゼはSGSと同じく植物細胞内に含まれているが、熱に弱く、加熱によって壊れてしまうため、生で食べることが重要になる。

よく噛んで細胞を壊すことで、SGSとミロシナーゼの反応が進み、スルフォラファンの吸収効率が高まる。

ただし、スルフォラファンは揮発しやすいので、ジュースやスムージーは作りたてのフレッシュな状態で口にしたい。

ブロッコリースプラウトスルフォラファン免疫力

 

その他の情報はこちら

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます