脳波で検証!フェイシャルペーパーで集中力UP&ストレス解消効果(2020.04.05)

GATSBYフェイシャルペーパー電通サイエンスジャム

電通サイエンスジャムと、ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」を展開するマンダムは、「リフレッシュ」をテーマに、GATSBYフェイシャルペーパー(以降:GATSBYペーパー)がリフレッシュアクションとして効果的かを脳波測定およびアンケートによって検証する実験を共同で実施。先日、その結果を公表した。

脳波測定結果によれば、快適度は上昇して、ストレス度は軽減。速効で集中度が上昇したという。

検証手法は、電通サイエンスジャムで開発した脳波計より取得した感性が分析可能な簡易型評価キット「感性アナライザ」を使用。
測定脳波はGATSBYペーパーによるリフレッシュの度合いを検証するために、「快適度」「集中度」「ストレス度」について測定した。脳波の指標は、慶應義塾大学満倉教授の長年の研究をバックボーンとした独自アルゴリズムに基づくものになる。

快適度・ストレス度・集中度の脳波変化

GATSBYフェイシャルペーパー電通サイエンスジャム

18~34歳の学生および社会人の男性を対象に、GATSBYペーパー使用前後の脳波を測定した。その結果、使用前後で、快適度が有意に上昇することが判明(グラフ1)。また、使用前後で、ストレス度も有意に低減するさせることが明らかになった(グラフ2)。さらに、使用前後で、集中度が上昇していることも判明。ただし有意差は見られずなかった(グラフ3)。

快適度やストレス度と比較すると、集中度に対する影響は短い時間で確認できたため、GATSBYペーパーは速効で集中度を上げられる可能性が示唆された。

快適度、ストレス度、集中度の実感値

GATSBYフェイシャルペーパー電通サイエンスジャム

GATSBYペーパーのリフレッシュ度合いをどの程度実感するか、アンケート形式で対象者に回答してもらったところ、「快適の上昇」、「集中度の上昇」、「ストレスの軽減」の3点において高評価が得られた。(グラフ4)。

脳波測定における、GATSBYペーパーの効果を裏付ける結果と言えるだろう。

GATSBYフェイシャルペーパー電通サイエンスジャム

対象者にリフレッシュで重視することを聞いたところ、「速効性」(100.0%)と「手法としての手軽さ」(95.2%)を重視していることが判明(グラフ5)。

これに対しGATSBYペーパーの評価を見ると、「速効性」においても「手軽さ」においても、95.2%が評価。また、時間のかからなさについては100.0%と全員が評価している(グラフ6)。

このリリースにおける脳波は、株式会社電通サイエンスジャムで開発した脳波計より取得した、感性が分析可能な簡易型評価キット「感性アナライザ」を用いた脳波測定に基づいて推定されたものです

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます