• TOP
  • ヘルスケア
  • ビジネスマンは腰が命?!快適なオフィスライフを送るための簡単ストレッチ

ビジネスマンは腰が命?!快適なオフィスライフを送るための簡単ストレッチ(2020.04.01)

9e6f47b88e1b13db23092208d6f2dc93_s

厚生労働省が行った平成28年国民生活基礎調査によると、男性の自覚症状の1位は腰痛であった(ちなみに2位は肩こり)。そんな腰痛は運動不足による筋力低下や、姿勢が悪く特定の部位に負担がかかることで発症する場合が多い。特に負担が一番大きいのは座位だ。

例えば机に向かったとき、腰の椎間板にかかる負担は直立時の1.85倍になるという。したがって、快適なオフィスライフを送るためには腰の負担や歪みを軽減することが重要になってくる。

そこで今回は、手軽に取り入れられる腰のストレッチを紹介していきたいと思う。

腰を伸ばすストレッチ

椅子に座りっぱなしでは、カラダへの負担は増すばかりだ。自然と楽な姿勢を取ろうとするのでカラダの歪みの原因となる。そこで取り入れたいのが柔軟体操。腰回りの凝り固まった筋肉を緩め、歪みが治せる。

Step1
椅子に足を肩幅に開いて座る。手は膝の上に置き視線は前。肩の力は抜き背筋を伸ばす。使う椅子はキャスターない丸椅子などがおすすめ。

Step2
ゆっくり息を吐きながら、カラダを前に倒す。腰から背中がぐぐっと伸びるのを実感できるはずだ。

脇腹から腰にかけて歪みをリフレッシュ

重いビジネスバッグを持って歩くだけでも、腰には大きな負担がかかっている。歪んだカラダをリセットするストレッチも大切だ。ゆっくりほぐす程度が気持ちいい。

Step1
まず壁の近くに立ち、カラダを横向きに(靴と壁が平行になるように)。ヒジを軽く曲げて手のひらが壁につく程度に距離を取る。次に壁側の足を後ろにクロスする。壁に触れていない側の手は腰に持ってくる。

Step2

ヒジを伸ばして壁を押し、脇腹と腰を伸ばしていく。左右それぞれ10秒間キープする。壁を押すときにカラダが前傾しないよう気をつけよう。

カラダの歪みは日々積み重なっていくものなので、仕事中、集中力が途切れたときにリフレッシュがてら取り入れてみてはいかがだろう。ちなみに、ぎっくり腰を防ぐため、何かを持ち上げるときは必ずしゃがんでから行うこと。

 

その他の情報はこちら!

 

男前度が上がったら記事をシェア!
Men’s BeautyのSNSはこちらからフォローできます